それはそうとも

思った事から映画の感想まで

人生でやりたい100の事

インターンでお世話になった会社に、とても素敵な先輩がいた。

その人は誰に対しても分け隔てない性格であったと思う。

 

 

そんな先輩がいいね!をしたことによって私の元にある記事が流れてきた。

 『人生でやりたい100のこと』

と言うタイトルの記事だった。

 

大学4年生の女性の方が書かれたブログだった。

月並みな感想ではあるが、とても感銘を受けた。

やりたいことを書き出すだけで、こんなにも前向きな気持ちになれるのかと。

 

これより以下は筆者の希望(欲望)に満ち溢れた、ただの100個の私の願望である。

どうしようもなく手持ち無沙汰な人がいたら見ていただきたい。

 

そして、

「お前の願望はそんなものか」と

「俺の方がすごいぞ」と

是非、自らの望みを書き殴ってみてください。

 

 

 

 

 

 

それでは、スタートです!

 

1. くだらない世界記録でギネスに載る

2. 木造りの素敵な家に住む

3. 家族みんなでスイカをつくる

4. 金をもらって講演する

5. 好きな作家の本を全て読む

6. この世の漫画を全て読む

7. 人が喜ぶ手料理を作る

8. 好きな映画を選べるシステムを創る

9. お洒落な服を好きなだけ買う

10. デザイナーになる

11. 親に1億プレゼント

12. 情熱的な仲間に会う

13. ヨーロッパ大陸縦断

14. 山口さんと酒を飲み語る

15. 高校の友達2人と仲直り

16. ローソンの1番くじ全部引く

17. 本屋さんで「ここの本全部くれ」

18. 卓球で地元1番(我ながら雑魚臭)

19. 情熱的な仕事仲間に出会う

20. 東京の美味いつけ麺制覇

21. Googleで働く

22. クソ映画のクソ主演俳優

23. この世の映画全部観る

24. 姉弟と日本の温泉制覇

25. パズドラジャパンカップ優勝

26. Slashスピーチコンテスト優勝

27. 世界を変えた100人に選出

28. 大聖堂で結婚式

29. 好きな人にプレゼントを贈る

30. 同好会で酒を吐くまで呑む

31. 六本木に広いマンション買う

32. 実家リフォーム

33. 世界一周旅行

34. 英語ペラペラ

35. 納得のいく仕事をする

36. 子供をつくる(男女ひとりずつ!)

37. Ed Sheehan のライブに行く

38. 三食餃天堂の餃子

39. 吸収無効もんすたー引く

40. 最高の仲間たちと企業

41. 月間100万PVのブロガー

42. 誰に対しても平等な人になる

43. アメリカに行く

44. 綺麗な海で泳ぐ

45. マッキンリー登頂

46. 家族を幸せにする

47. 嫁と美味しいものを食べる

48. 旅館巡り

49. 教育制度改革

50. 人の為に生きる

 

ー51以降随時更新ー

 

率直な感想を言わせていただくと、50で詰まりました。

ここまで書くのにかかった時間は、約20分少々でした。

如何に自分が周りの目を気にして生きているか

を認識するひとつのきっかけとなりました。

 

末尾にもあった通り、思いついた瞬間随時更新されて生きます。

ふと気になったら覗き込んでまたください。

 

ではまたまた。

 

 

桜の咲く時期に祖母が亡くなった話

先日、祖母の四十九日葬儀が執り行われた。約50日もの時間が経過するのは、言葉よりも早く感じる。

 

人の死を題材とするのは如何なものか

と我ながら思うところもあるが、ひと通り葬儀も終わり、ひと段落ついたので、自分の心を整理する意味も込め、記事を書こうと思う。

 

祖母は4月の初めに亡くなった。

なんてことはない自然死だった。

満80歳を超える祖母の死は、私にとって初めての不幸であった。

 

祖母が亡くなる一週間前

「おばあちゃんが危ないから、取り敢えず帰って来なさい」

と母から連絡を受けた。

ブラックインターンと大学で手が一杯だったが、世間的に許される休みだと思い、やや強行的に実家に帰った。

 

新幹線で地元へと帰り、その足で病院へと向かった。2ヶ月ぶりに会う祖母は、とても弱っているように感じた。先述の通り、身内の死と言うものに直面するのは初めての経験だった。それが幸か不幸か分からないが、(今考えればマイナスの要素でしかない)

私は死が近づく祖母を前に、どうすればいいのか何も分からなかった。

何も分からない私は何もする事が出来ず、そのまま家へと帰った。

 

その夜、祖母は息を引き取った。

 

結果として私は、ただの一言すら伝える事が出来ず、祖母と今生の別れを迎えたのであった。

 

あれから時間が経過した今となっては、

「ありがとう」とただそれだけを伝えれば良かった事に気付く。

 

弁明という訳ではないのだが、

「ありがとう」と伝えてしまう事にはとても抵抗があった。まだ生きている、生きようとしている祖母を眼前に、感謝の言葉を伝えるという事は、自分の言葉が、祖母の命に引導を渡してしまうように感じたのである。

 

そんな私の後悔の念を取り置いて、

祖母の葬儀は円滑に執り行われた。

 

悔しくも祖母が亡くなった4月の初めは、祖母の大好きな桜が満開であった。

家の庭には、祖母が植えた花々が、所狭しと咲き誇っていた。

 

祖母の葬儀以来、

私は花を見ると哀しい気持ちになる。

どうして祖母にありがとうと伝えてやれなかったのかと、どうして何もせずに終わってしまったのかと、どうして何も恩返しができなかったのかと、自分の愚かさを切に思い知らされる。

 

哀しいか嬉しいか、花は毎年咲く。

花が咲けば、何も伝える事が出来なかった愚かな自分を無理にでも思い出される。

 

今は6月。

紫陽花の花が咲く季節。

私はきっと季節の花々を眺めながら、

これからさきもずっと、愚かな自分と向き合って生きていくのだろう。

 

スタートアップインターンから抜け出せない件【前半】

 

まず初めに伝えておきたいのだが、私は学歴というものが極めて低い。俗に言われる、◯東駒専なる大学に通っている。大学名を具体的に言いはしないが、伏せた文字から察して欲しい。

 

そんな私は学歴コンプレックスの塊と言っても過言ではない。学歴がどうだ学歴がどうだと毎日のように言っては、惨めな気持ちになっている。周りの人間には「人間は学歴じゃなく能力だ」と馬鹿の一つ覚えの様に言っている。そうでもしないと自分を正当化することができない。我ながら豆粒のような本当に小さい人間だ。

 

そんな豆よりも小さい私にも、やりたい事の1つはある。人の為になるサービスを創りたかった。物凄い漠然としているが私の生きる目標だった。事細かに話をすると、作品とユーザーのマッチングサービスを創りたかったのである。んじゃあどうすれば、そんな物が創れるようになるのかと馬鹿は馬鹿なりに思案を重ねた。その結果、意識高い系大学生が好みに好むインターンシップに参加する事となった。

 

これは行ける!

今まで意識が高いだけで何もしてこなかった私である。そんな私が行動を起こした。1年生からインターンに行く大学生が私以外に居るのだろうか?いや、いない!!!

でも、待てよ?ただのインターンでいいのか?そんなんで何か変われるのか?私が求めているのは経験じゃなく力だ。私は強くならなければならない。ならばもう道は決まっている。

 

スタートアップに参加するぜ!!!

 

とそんな浅はかな思いで、私はスタートアップのインターンに参加する事となった。この当時の私は希望に満ち満ち溢れていた。インターンがやめたくてやめたくて仕方がない未来なんて、つゆほども描いていなかった。

 

ここまでで大体の方はお気づきだと思われるのだが、念には念をと言う事で伝えておこうと思う。

 

 

私は類い稀なる馬鹿である。

 

----後半へ続く----